ElectroBlog

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ElectroBlog

This is ElectroBlog for explaining my electronics projects such as Raspberry Pi and Micro:bit. ラズペリーパイなどのエレクトロニクス機器を使った実験メモ。

Raspberry Pi Zero w(2) 初期設定:HDMIディスプレイを使わずに外付け無線ルーターだけで簡単にSSH接続する(Raspbian) (Zeroも共通)

Raspberry Pi ZeroとZero wを購入したが、初回の接続でHDMIディスプレイを使ってる方が多いが、どうしても使いたくない。

ディスプレイやケーブルの準備に手間がかかるのでラズパイの手軽さが失われるため。

 

そこでRaspberry Pi Zero wでHDMIディスプレイを使わずに無線ルーター経由でSSH接続してみる(Zeroも共通)。

 

注記:Zero wは技適が取れていないようなので内蔵無線LANを使用しない方法を解説します。

 

Raspberry Pi Zero wはPimoroniからPaypalを使って購入。

 

今はzeroであればamazonでも購入できるよう。

Amazon.co.jp | Raspberry Pi Zero - ラズベリー・パイ ゼロ | Raspberry Pi | インターフェースカード

あとMicro SDカード(8GB)を購入。

他にも無線ルーター接続用にMicro USB OTGコネクタも購入。

価格は£1.67。このときは日本円で368円くらい。

microUSB OTG Adapter Shim for Pi Zero - Pimoroni

Amazonでも似たものが買えそう。

Amazon.co.jp: エスエスエーサービス [ USB microB(オス) ← A(オス) ] 端子部に挿し込む 小型 microUSBホスト(OTG)変換アダプタ SMCM-OTG: パソコン・周辺機器

 

10日かからないくらいでPimoroniから到着。

 

手順は①~②の通り。

①Raspbianのインストール。ssh有効設定へ変更。

②外付け無線ルーター(今回はPLANEX)でRaspberry piへssh接続

 (APモードで接続)。

  

まずはMicroSDにRaspbianのイメージファイルをいれる。

Download Raspbian for Raspberry Pi

f:id:ElectroBlog:20170421172407p:plain

左側のDwnload ZIPを選択。(RASPBIAN JESSIE WITH PIXEL)

zipを解凍する。

ここで、イメージ書き込み用にWin32 Disk Imagerをインストールする。

Win32 Disk Imager 日本語情報トップページ - OSDN

win32diskimager-1.0.0-install.exeをダウンロード。

 

f:id:ElectroBlog:20170421172558p:plain

SDカードを差し込み

Raspbianのimageファイルを選択。

注意:[D:]のところは、書き込み予定のSDカードが刺さっているディスク名を選択すること。

Writeを選択してimageを書き込む。

 

次がとても重要。

ssh接続を有効する作業。

有効にする方法は、以下の通り。既にssh接続できた場合は不要。

imageファイルをマウントしたMicro SDをSDアダプター等でPCに接続して、最上位にsshというフォルダを作成する。

f:id:ElectroBlog:20170430110953j:plain

 

完了したらRaspi zero wに差し込む。

 f:id:ElectroBlog:20170506064801j:image

写真右側のMicro USB端子にUSBケーブルを差し込み、PCかコンセントから5V供給してRaspiの電源をいれる。

しばらくするとLEDが常時点灯となる。

 

左側のMicroUSB端子にOTG コネクタを差し込み、ホテル等で使うUSBタイプの無線ルーターを接続する。 

ここでは Planex社のものを使用。

Amazon CAPTCHA

 

ちなみにこの記事で使用した2つの機器を使っても接続可能。

Raspberry Pi Zero (3) Raspberry Pi Zeroで無線LANのAPモードを使ってSSH接続 - ElectroBlog

 

ワイヤレスネットワーク一覧に表示されるplanex-2.4~~~~~でwifi接続する。

SSH接続用に使いやすいTeratermをダウンロードする。

ダウンロードファイル一覧 - Tera Term - OSDN

このときはver4.93をダウンロード。

 

PCのコマンドプロンプトから

 ipconfig

を入力。

f:id:ElectroBlog:20170421174340p:plain

このときは192.168.1.11で接続されているとわかる。

 

ここでコマンドプロンプトを開く。 

ping 192.168.1.11

を入力すると、応答が帰ってくることがわかる。

ここで下一桁をずらした値で再度実行すると

ping 192.168.1.10

 

 192.168.1.10 に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
 192.168.1.10 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=128

と応答が帰ってきてraspberry piと接続できていることがわかる。

環境によっては、1つずれの値ではなく、いくつかずれた値の場合もある。

応答がない場合は、以下のような応答となる。

192.168.1.11 に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
192.168.1.13 からの応答: 宛先ホストに到達できません。

  

接続できるIPアドレスが判明したら、

ダウンロードしたTeratermフォルダを開き、ttermpro.exeを起動する。

TeratermのHost欄にさきほど通信ができたIPアドレスを入力する。
 

f:id:ElectroBlog:20170421180405j:plain

 

Raspberrypiとうまく接続できるとUser nameとPasswordの入力画面となる。

 

すぐにSECURITY WARNING画面が表示されるので、そのままContinueを押下。

f:id:ElectroBlog:20170430111034j:plain

User nameとPassword入力欄に

User name : pi

Passphrase : raspberry
と入力。(初期はこの値)

f:id:ElectroBlog:20170421180431j:plain

 

うまく進んでいけばこの画面が表示される。

f:id:ElectroBlog:20170421180452j:plain

試しに

sudo ip addr
と打ち込むと現在、192.168.1.10で接続されていると表示されていることがわかる。

f:id:ElectroBlog:20170421180504j:plain

 

これでraspi zero wとのssh接続は完了。