ElectroBlog

ElectroBlog

This is ElectroBlog for explaining my electronics projects such as Raspberry Pi and Micro:bit.

Speaker pHAT (2) Raspberry Pi Zero wでwifiルーター経由で音出し(aplayとMPC使用)

Install and set up Speaker pHAT on your Raspberry Pi. 

 

前回の続きを記載。

Raspberry Pi Zero wを使ってSpeaker pHATでとりあえず音出しまでメモ。

aplayを使えばすぐに音がだせる。

mpdを使えばandroidやPCから制御可能。VUメーターは同期しない。。。

 

f:id:ElectroBlog:20170422134233j:image

 

手順は下記①~⑨まで。

 

①RaspbianをMicro SDにインストール

②Raspberry Pi zero wを自宅wifiルーターに接続(インターネットへ接続)。

③インターネット経由でSpeaker pHATをラズパイへインストール

④aplayで音出しテスト。

 

~以下、MPDを使った音出し~

⑤インターネット経由でMPD, MPCをラズパイへインストール。

⑥インターネット経由でSambaをラズパイへインストール

⑦Sambaで音源をいれる共有フォルダを作成。

⑧音源ファイルを共有フォルダに追加。

⑨MPCコマンドで音出し(プレイリスト追加→再生→操作)

 

まず①~②は下記リンクを参考に完了させる。

Raspberry Pi Zero w (11) 初期設定:HDMIディスプレイを使わずに内蔵無線LANで自宅Wifiルーターに接続(インターネットに接続) - ElectroBlog

 

次に下記コマンドでSpeaker pHATをインストールする。

注意:このときにRaspberry Piをインターネットへ接続させていること。

f:id:ElectroBlog:20170430161558p:plain

curl -s https://get.pimoroni.com/speakerphat | bash

を実行する。

このときはPCとRaspberry piを自宅wifiルーターに無線で接続している。

 

しばらく待つ。

f:id:ElectroBlog:20170521212251p:plain

y → Enterを押下する。

 

さらにしばらく待つと

f:id:ElectroBlog:20170521213018p:plain

再び、y → Enterを押下する。

 

更にしばらくすると、下記画面に移行する。

y → Enterを押下。

f:id:ElectroBlog:20170521213855j:plain

再起動される。

 

 その後、Speaker pHATの基板をラズパイ本体へ装着。

試しに以下コマンドで音出しテストをする。

f:id:ElectroBlog:20170430162028p:plain

音が鳴ればひとまず安心。

問題なければVUメーターも同期するはず。

 

次にSDカードに曲をいれてmpc操作で再生してみる。

まず、下記の通り入力してMPD(Music Player Daemon)とそのコマンドのMPCをインストールする。

f:id:ElectroBlog:20170430162539p:plain

sudo apt-get -y install mpd mpc

暫く待つ。

f:id:ElectroBlog:20170505214519p:plain

↑この画面に移行するまで待つ。

完了したら、

f:id:ElectroBlog:20170430161839p:plain

に戻る。

次に下記リンクの手順でSambaのインストールから共有フォルダの作成を完了させる。

Raspberry Pi Zero w (3) SambaをインストールしてRaspberry PiのSDカードへネットワーク経由でアクセスする(Raspbian) - ElectroBlog

 

リンクの内容通りにmpdフォルダを共有フォルダとして設定してから、

/var/lib/mpd/musicフォルダの中にwavかmp3データをコピーする。
注意:ファイル名に空白がある場合は、エラーがおこるのでアンダーバーなどへ変更する。 

 

早速、mpcコマンドで操作していく。

下記コマンドでフォルダの曲を反映させる

mpc update

次にmpd/musicフォルダ内の全曲をmpdのプレイリストに追加する。

mpc ls | mpc add

 

リストを確認する。

mpc ls

 

次に再生コマンドを実行。

mpc play

成功すれば下記表示となる。

f:id:ElectroBlog:20170430164417p:plain

 

停止する際は

mpc stop

 

選曲は

mpc next

mpc prev

 

初期設定では音量がhardware設定になっているため操作を有効にするには、

/etc/mpd.confを変更の一部分をsoftware制御へ変更する。

具体的には

f:id:ElectroBlog:20170430163823p:plain

を実行して、

途中にあるaudio_output内のmixer_type を "hardware"から"software"に変更する。

f:id:ElectroBlog:20170430163733p:plain

変更方法は下記リンクを参考。

Raspberry Pi:viコマンドを使用してMicro SDカード内のファイルをssh接続で直接編集する(3, zero, zero w共通) - ElectroBlog

 

成功すれば、下記のように

mpc volume +数字

mpc volume -数字

でボリュームが変更できるようになる。

f:id:ElectroBlog:20170430164053p:plain

 

また、repeatやrandom、singleは

mpc repeat

mpc random

mpc single

f:id:ElectroBlog:20170430164221p:plain

で実行するごとにON⇔OFFとなる。

 

現在のところ、単純にmpc操作で再生した場合、VUメーターが同期しない。

 

 

その他Raspberry Pi情報、Micro:bit情報はTOP PAGEからどうぞ