ElectroBlog

ElectroBlog

This is ElectroBlog for explaining my electronics projects such as Raspberry Pi and Micro:bit.

Raspberry Pi Zero w (10) 初期設定:イーサネットケーブルでのSSH接続

 f:id:ElectroBlog:20170618005324j:image

外付け無線LANを持っていない場合、イーサネット経由でSSH接続する必要がある。

そこでUSBイーサネット変換ケーブルを用いてRaspberry Piと接続させる。

 

手順は①~②の通り。

①Raspbianのインストール。ssh有効設定へ変更。

②USB イーサネット変換ケーブルを使ってイーサネット経由でSSH接続。

 

まずはMicroSDにRaspbianのイメージファイルをいれる。

Download Raspbian for Raspberry Pi

f:id:ElectroBlog:20170421172407p:plain

左側のDwnload ZIPを選択。(RASPBIAN JESSIE WITH PIXEL)

zipを解凍する。

ここで、イメージ書き込み用にWin32 Disk Imagerをインストールする。

Win32 Disk Imager 日本語情報トップページ - OSDN

win32diskimager-1.0.0-install.exeをダウンロード。

 

f:id:ElectroBlog:20170421172558p:plain

SDカードを差し込み。

Raspbianのimageファイルを選択。

注意:[D:]のところは、書き込み予定のSDカードが刺さっているディスク名を選択すること。

Writeを選択してimageを書き込む。

 

次がとても重要。

ssh接続を有効する作業。

有効にさせるにはimageファイルをマウントしたMicro SDをSDアダプター等でPCに接続して、最上位にsshというフォルダを作成する。

f:id:ElectroBlog:20170430110953j:plain

 完了したらSDカードをRaspi zero wに差し込む。

 

今回使用したRaspberry Pi ZeroとZero wではイーサネットコネクタが付いていないため、USB→イーサネット変換をする必要がある。

そこで下記製品を使用した。

plugable社製

f:id:ElectroBlog:20171002135849p:plain

 

早速購入して、下記のようにセッティング。

イーサネットケーブルは自宅wifiルーターの有線コネクタへ接続。

f:id:ElectroBlog:20170618005324j:image

 

次にPCをRaspberry Piが接続されているwifiルーターに接続する。

続いて、接続されているIP アドレス を調べるために下記ソフトをインストールして起動する。

TWSNMPマネージャ :::Twise Labo, Inc.

起動後、自動検索を選択する。

f:id:ElectroBlog:20170430113559j:plain

 

開始を押下する。

f:id:ElectroBlog:20170430120104j:plain

完了したところ、

192.168.100.117でraspberrypiと表示されいることから、

192.168.100.117でteratermを使用してssh接続する。

問題なければいつもどおりの接続画面が表示されるはず。

f:id:ElectroBlog:20170430120228p:plain

 

f:id:ElectroBlog:20170430120259p:plain

 pi

raspberry

を入力して接続する。

f:id:ElectroBlog:20170618125125p:plain

上記画面が表示されれば無事に接続完了となる。

 

 

その他Raspberry Pi情報、Micro:bit情報はTOP PAGEからどうぞ